FX@初心者★用語 FX初心者のための用語をまとめたサイト
FX初心者のための用語解説
 
FX★初心者★用語 TOP スワップポイントとは 円高・円安とは ロスカットとは ◎レバレッジとは FX比較
FX初心者の人は用語をまず覚え、理解を深めよう

FXを本格的に始める前に実際の取引や戦略を立てる上で絶対に必要な用語がたくさんあります。聞きなれない単語などもありますがある意味経済の勉強にもなると思っていただいて間違いありません。そこでこのサイトでは基本的に初心者の皆さんに役立てて欲しい考えからあまり難しい用語は揃えず、基本的な部分を押さえていただくことを第一目標として、単語を抽出しています。ある程度FXというものがどんなもので、どのような取引によって利益を生み出すことが出来るのかが把握できた段階で実際のFX会社に資料請求を行い、口座開設し、早速チャレンジしてみましょう。ただしここで大事なのが家計に必要なお金を使って投資するのではなく、あくまでも投資に回しても家計に大きなダメージを与えない程度で行ってください。それと投資は自己責任ですよ!

<中古車コラム>事故車の下取りや買取査定について

事故車の売却価格する際に最近よく使われる手法が車買取一括査定。しかし事故車の場合はいったいどうしたら良いのだろう???そんな時も実は事故車を専門的に買取している会社がたくさんあり、パーツだけを取り外し修理時に必要となるパーツとして生まれ変わる仕組みを利用して事故車でも買取できるサービスを提供し続けています。

交通事故における行政書士と弁護士の役割
弁護士による交通事故のトラブル解決

相手方の非が100%の場合、示談交渉に向けた損害賠償等の交渉が必要になってきます。長期入院や後遺症を患ってしまった場合の損害の算出も必要になって きるでしょう。まず弁護士特約にあなたが入られている保険で加入なされていますか?もし加入なされていればすぐに弁護士に相談し、納得のいく示談交渉を 行った方が良いでしょう。あなたの車も大きな損害を受けてしまっているならその価値をどこまで元通りに戻せるか。車を買取ってもらう場合は事故車扱いに なってしまう為、そもそも価値は大きく下がります。そんな時はカービューやかんたん車査定で一度調べてみるとして、あなた自身の後遺症に対する損害をどの 程度相手に認めてもらうか。まずそこには等級がありあなたがどれに当てはまるかになります。その算出や書面の用意については行政書士が担当することになり ます。示談書についても行政書士が作成できるので問題ないでしょう。ただあくまでも書面作成のお手伝いであって、交渉の場に立つのは弁護士になります。も ちろん、相手方の対応に不服があったり、事故の過失割合に納得いかない場合は場合によっては法廷で争うケースもありますので、その時は弁護士が対応しま す。

   
FXとは何?
 

まずそもそものFXとはなんでしょう。FXとは外国為替証拠金取引とも言われ、保証金を担保にして何倍もの外国為替の売買を行うことができる金融商品です。この何倍もの取引が出来る指標をレバレッジと言い、このレバレッジはテコの原理という意味として広く知られています。
テコは小さな力で大きなものを動かすことができ、それをFXに当てはめると仮に保証金が100万円でレバレッジが10倍であればなんと1,000万円もの取引ができるのです。少ない資金で大きな取引が出来る。このことがテコの原理と同じ意味としてレバレッジと表現しています。もちろん大きな利益を生み出すことも可能ですが、その分リスクも大きいことになります。ですからこれからFX会社を選ぶ際、「レバレッジが○○○倍だから」などこの大きさだけで選ぶのは注意してください。初心者にはあまりにもレバレッジが大きいのはまだまだリスクが高すぎます。→FX★とはを初心者目線で説明しているサイトを紹介しましょう。